英会話が上達する一番の早道は、外国人と出会って友達になることです。といっても、ただ友達になるだけではダメです。直接会って英語で世間話をしたり英文メールのやり取りをする回数を増やすことが大事絵です。その結果、意識しないところで英会話ができるようになります。

普通に生活している中で外国人と出会う、ましてお友達になるなんてことはなかなかありません。一つの手段としてペンパルサイトを使うという方法があります。つまり文通相手を見つけるサイトです。

そこに登録するとすぐに友達の関係はできるのですがそこは昔ながらの文通です。自分と趣味や趣向が合わず数通のメールをやり取りして終わってしまうことが多いです。実際に会って英語で話すというところまでいくのは、相手が違う国に住んでいる場合がほとんどなので難しいと思います。

外国人と友達

友達になるということではありませんが、毎日英語を話す環境を手に入れるという意味で手っ取り早いのはDMM英会話など、実際に英語を話せる環境を手に入れることです。

一番安いプランで「毎日25分プラン 5,500円/月」というプランがあります。毎日というのがポイントです。このプランですと、177円/コマ(一か月を31日とした場合)で毎日25分間英会話ができる計算になります。

私も実体験としてあるのですが、少しでもいいので毎日話すことが重要です。毎日口にしないと段々フレーズを忘れていったり、言い回しもどんどん忘れていきます。英会話はマラソンと同じで毎日鍛錬することで、口の筋肉が英会話を会得するのだと思います。

かなり昔に私が体験したのはpenpalとのコミュニケーションです。メール交換から始めて実際に電話するところまで行きました。そこで感じたのは、電話で話すだけでも、英会話力のアップになる、ということです。

そのときは、penpalサイトでテキサスの女性と友達になり、毎日電話で会話しました。メールで英文を書くときは、考えたり調べる時間があります。しかし、電話ではとっさに反応して受け答えをしないといけません。その場で頭をフル回転させて、返事をしないといけないのです。

外国人と友達になる

これをきっかけにして、英会話でよく使われるフレーズをたくさん覚えました。その結果、自分の英会話力のアップにつながったと今でも思っています。

昔は、外国の人と連絡する手段は国際電話のみでした。最近は、SkypeGoogleTalkをはじめとする、無料インターネット電話を利用することにより、無料で会話ができます。言い換えますと、タダで英会話力のアップが可能なわけです。授業料が高い英会話学校に行く必要はどこにもありません。

外国人の恋人また、独身の人ですと外国人の友達というよりも、極端な話、恋人にしてしまうのが手っ取り早いと思います。いきなり恋人というわけにはいきません。出会い-> 何通かやり取り -> 電話 -> 実際に会う、とい流れでしょうか。

事実、英会話勉強のため外国人を彼氏、彼女にするという例が最近多いようです。私も結婚してなければ、外国人と付き合いたいところです。いや冗談です・・・。でも英会話ができるようになるのであれば・・・。(^^;

外国にあるペンパルサーバに登録する。

皆さんと同じように、異国に住んでいる色々な人たちと交流を持ちたい(友達になりたい)と考えている人はたくさんいます。そういう人達向けに、「ペンパル」相互登録サービスというものが結構あります。
また、そのサービスは大体が無料で利用できますし、いろんな国の人たちと比較的すぐにやり取りを始めることが出来ます。

Japan Penfriend 簡単にペンフレンドが見つけられる・・らしい・・・。(^^;
HiPenPals.com 特定の項目でペンパルを検索します。

上のサイトに行って、自分のプロフィールなどの情報とともにメールアドレスも一緒に登録します。

ペンパル2つパターンがあります。登録して相手からアクションがあるまで待つパターン、この場合はなかなか来なかったり 来ても冷やかしのメールだったりして結構がっかりしますが、 めげてはいけません。この世の中どこにでもそういう人はいます。私の場合、アメリカはテキサスの高校生から冷やかしのメールを頂きました。登録したての頃だったので結構がっかりした覚えがあります。

もう一つは積極的に、こちらからいろんな人にアプローチする方法です。この方法は早くやり取りを開始できます。なぜなら、ヘタな鉄砲、数打てばあたるということで、こちらのほうが手早く返信をもらうことが出来ます。

例えば私の場合、最初はロサンゼルスの日系二世でした。 その後も何人かとやりとりをしながら現在に至っています。ペンパルサービスに登録するのが一番手っ取り早いです。相手からも簡単に見つかるし、こちらからもアプローチ可能です。ただ、待つことが基本になっているので、今すぐというわけにはいきません、ということで下記に続きます。

外人、外国人の友達

スマートフォンアプリを使う

Hello Talkというスマートフォン用アプリ(iPhone/Android)があります。このアプリに自分の事(勉強している言語:英語 自分が生活するうえで使っている言語:日本語)を登録すると、近くに住んでいる人がリストアップされます。また、ある程度の翻訳はこのアプリがやってくれちゃいます。なので、中国語や韓国語、タイ語を知らなくてもそれを母国語としている人たちとコミュニケーションが取れてしまいます。

ちょっと前だったら考えられないぐらい便利な世の中ですね。ただ、やはりここも冷やかしをする人、出会い系目的の人がいますので気を付けましょう。ちゃんとした人、自分の要望にあった人に出会えるまで時間がかかってしまいますので、見つかるまではDMM英会話などの有料サービスを併用すれば、自分に合う人がなかなか見つからない場合でもやきもきしないで済みます。

フリーソフトなどの作者などに質問などのメールを出す。

これは少し趣旨にはずれますが私の場合このようなシチュエーションがありました。 別に英語メールがやりたくて出したわけではなく必要に駆られて出したわけですが結構親切な方で、質問以外にもいろいろなことを書いてくださいました。 デンマークの方でしたが、やはり冬は外がすごいらしいです。 ツンドラ地帯というんでしたっけ?私あんまり地理に詳しくないんで・・。

旅行に行った先で出会った人にメールアドレスを聞いちゃう。

これは私の後輩ですが、いく先々でいろんな人と話すうちに中には 気のいい人がいて一緒に食事をしたとか・・。その時、新婚旅行を兼ねた結婚式の少し前の日だったので是非、写真をメールで送ってください、ということでメールアドレスをゲットしたらしいです。これも稀なケースですね・・(2000年当時であまりインターネットが流行っていない時代の話です)

感想

実は、長期に渡ってメールのやり取りを続けるのは、なかなか難しいことです。何故かというと・・・ネタが切れてしまうからです。最初はお互いの文化の違いに興味を持ち、お互いに質問を繰り返して時が流れ・・・次は身の回りの事をいろいろ話し合いながら意見を交わし・・・次にはもうどうしょもないんで、モノを送ったり送られたりする。 (これ、結構うれしいです。)

最終手段は会いに行く!!ってな感じです。私はまだ最終段階には達していません。まだまだ修行が足りません。IowaのBill氏、TaipeiのViviちゃんとこに行こうとしましたが、なかなか仕事、金銭(こちらの方がでかい)の都合がつかなくて実現できていません。

だけど、いろんな人といろんな事を話す(書く)のはとても楽しいです。はい。(後日、Billには会えました)

今までやり取りしてきた方はだいたい世界に散らばっています。 同じ国の同じ地区の・・っていうような事は意外にありませんでした。日本人同士でもメール(電子・郵便に関わらず)のやり取りって長くは続きませんよね。(と私が勝手に思っているだけ?)。

やはり最終的には会って目の前でお話をしたい!! そう思ってしまう訳です。でもこれが簡単にできない・・。たいていの人・・というか ほとんどの人がそんな事できませんよね・・。だいたいこの辺でメールが途切れちゃいます。
でも完全に途切れるわけではなく思い立った時にメールをするとちゃんと返信してくれます。

リンク

海外メル友&国内メル友募集サイトリンク集
海外のメルトモ募集から国内のメルトモ募集まで、メールをコミュニティとして楽しみたい人のメル友募集サイトリンク集

DMM英会話

格安で毎日約1時間英会話ができる。私のような英会話に不安を持つ人間にとっては、とてもありがたいサービスです。

今までメールをやり取りした人たち

1. Vivi(Taipei) → 日本人と結婚して名古屋にいるみたいです。

2. Bill Rooks(Salinas,CA,USA) 1999.9.11に会って家に泊まりました!!
Bill

3. Marge Nelson(USA)
Marge Nelson

4. Sebasian Hammer(Denmark)

5. Jerrie Danielle Reyes(USA)
Danielle

6. Jeremy Smith(Houston,Texas,USA)

7. Chris Rakotomamonjy(Lyon,France)
Chris

実際には、あと何人かとやり取りをしましたがメールを2〜3回交わして終わったのがほとんどで、どういう人だったか忘れてしまいました。(^^;